最近の一部投資家さんに思うこと

今日昼食を食べながらツイッターを見ていたら

投資セミナー運営会社の経営者が脱税で逮捕とか。

ランキングも上位にあったので、この会社というかこの人をご存知の人も多かったんですね。

参加したことのある方のツィートを見ると「本に書いてあることばっかりだった」とか。

 

正直、不動産セミナーも同じだと思います。

お金を払ってまで参加するほどではありません。

その通りにしても、全員が儲かるわけではありません。

 

それに関連したことになるのかはわかりませんが、

以前、弊社に突然知らないお客様から弊社の専任物件に買付入れたいとメールがあったことがあります。

どこから物件の情報頂いたのかお聞きしたら、投資家仲間から情報が回ったため出どころは分からないとの事。

今日も、仲介物件のご紹介をしたお客様から専任物件なのかどうかの問い合わせ。

 

正直うんざりです。

専任を受けている元付けなら価格を安くしてくれると思っているようですが、

売主が業者でない限り関係ございません。

(業者売主であれば、売主は仲介手数料を客付けした業者に払わなくて済むのでそれはあり得ますが)

元付にいったところで、売主様の手残りが増えるわけではないですし、元付としても無理な価格交渉をして売主にそっぽを向かれたら別の業者へ媒介が流れてしまします。

ましてや大幅値下げしたばかりの物件に対してなら、売主さん怒りますよ。(気持ち程度の交渉ならあるでしょうけど)

 

380万の物件を300万に指値って金額でみれば80万ですが、2割ですから。

2割って1000万なら800万ですよ!

 

一部の不動産投資家さんが物件紹介された業者を差し置いて元付にコンタクトを取る。

実需ではあり得ませんし、そのうちお名前が業者間で知れ渡ってしまいます。

(評判の悪い業者名がお客様の間で知れ渡ってるように)

 

価格交渉に買うほうが有利だとか不利だとかはないんです。

なんでもかんでも大幅な価格交渉が出来るわけではないんです。

 

価格交渉がまとまるためには双方に妥協が必要なんです。

 

JUGEMテーマ:不動産投資

 

タイトルとURLをコピーしました